ダイエット

マクロ管理法(3大栄養素)脂質について

脂質とは?

三大栄養素の脂質は1グラムあたり9kcalと、三大栄養素の中でも最も高いエネルギーを得ることができます。脂質は少ない量で大きなカロリーが得られるので燃費のよいエネルギーであると言えます。

脂質のカロリー

炭水化物は1gあたり4kcal
タンパク質は1gあたり4kcal
脂質は1gあたり9kcal
3大栄養素(P:プロテイン、F:ファット、脂肪、C:炭水化物)のバランスをとることを、PFCバランスと呼ぶ。

ダイエット中に脂質はとらないほうが良いのか?

脂質は、関節の健康や脳の働き、ホルモン分泌や脂肪燃焼においても必須の栄養素。オリーブオイルやゴマ油などの油類はもちろん、アーモンドや落花生、チーズなどにも含まれる。1g=9kcal。

ダイエットを始めるとむやみやたらと脂質の摂取をやめてしまう人が多いのですが、おすすめできません。しっかり脂質を摂取しないと身体がきちんと機能せず、脂肪燃焼の妨げになったり、筋肉を作るうえで有効に働くテストステロンの減少につながったりします。ダイエット中でも、良質な脂質の確保をすることが大切なのです。

ただし、当然ですが、脂質には1gあたり9kcalという3大栄養素の中でも最大のカロリーを有しています。1日に摂取すべき量をきちんと計算して、過不足なく摂取することが重要だと思います。