ファッション

靴は高くなくても良いけどキレイなものを選ぼう

靴が汚いのは論外

足元はオシャレの基本と言われています。靴には少し多めにお金をかけても良いと思います。高級な靴を履く必要はありませんが、靴が汚れていたり、ボロボロのシューズ、傷だらけの革靴などは女性目線ではかなりの減点となります。

高い靴を買うよりメンテナンスが重要

もちろん、高いシューズを買うことができれば、それがベストですが、金銭的になかなか難しい面もあると思います。そういった場合は、コスパの良いシューズを定期的に買い換えるか、頑張って高めの革靴を買って、しっかりとメンテナスするのが良いと思います。メンテナンスしていない革靴を履き続けたり、ボロボロのシューズを履くより印象はかなり良くなるはずです。

シューズとパンツの色を揃えると、コーディネートがまとまる

あまり高いシューズが買えない場合に、コーディネートをまとめるコツとして、シューズとパンツの色を揃えるというのがポイントです。例えば、黒のスキニーデニムなら、黒のシューズをあわせます。シューズの色とパンツの色を揃えると、脚長効果も期待できます。逆に、ブルーのデニムに、ブラウンの革靴を合わせると、色の違いのため、革靴がかなり目立ちます。目立っても良い革靴なら良いですが、コスパの良いシューズであれば、目立つと値段がかえってバレてしまいます。シューズとパンツを同系色にまとめるのが一つのポイントだと思います。